40歳から未経験で介護職に転職してみた

40歳から未経験で介護職に転職した体験談を綴ります。40代50代から初めて介護の仕事に就いてみたいと思っている方の参考にしていただければ幸いです。

介護職に転職するメリットって何かあるんですかね?

 

こんにちは、40歳から未経験で介護職に転職したTUSKです。

 

 

はじめてこのブログを読まれる方はまずは私が40歳から未経験で介護職に転職しようと思ったきっかけや就活についてをこちらに綴っておりますのでよろしければ読んでみてください。

 

kaigo40dai.hatenablog.com

 

 

 

今回は、介護職に転職するメリットについて私が思うことを書いていきたいと思います。

 

40歳になって初めて介護の世界で働き始めた時に、たまたま近所のおばさんと仕事の話になって介護の仕事をはじめたんですと話すと「あら~大変ね~」と言われてしまいました。

 

おばさん曰く、給料が安くて仕事がきついという印象を持っているとのことでした。

 

確かにその通りですね(^^♪

 

 

では、近所の主婦にまでそのように悪い印象を持たれている介護職に転職するメリットって何かあるんでしょうか?

 

私的にはあると思います。

 

まず私が1番のメリットだと思うことは介護のスキルは超高齢化社会といわれる日本で生きていくうえでこれからの時代1番必要といっても過言ではないと思うので一応生活が出来るだけの賃金をもらいながらそのスキルを会得できるのはとってもありがたいということです。

 

元々私は、ずっと田舎に住んでいることもあり家に帰れなくなって困っているお年寄りを1年に1回くらいは見かけることがありました。

 

そんなときそのお年寄りを家まで連れて行ってあげたくても相手は認知症でなかなか意思の疎通がとれなくてどう対応したらいいのかわからず困ってしまうということがありました。

 

しかし認知症対応の介護施設で5年間働いた現在では何もわからなかったそのときよりは上手な対応が出来るのかと思います。

 

 

もちろんこれは自分の親など身内に対しても同じことが言えると思います。

 

自分の親が認知症になってしまって1人で生活することが難しくなってしまったときにどう対処したら良いのか今はわかりますし相談する相手もいます。

 

やはり介護や認知症に関する知識というのはこれからの時代誰もが必要になると思いますので普通であればお金を払って学ぶものをお金をもらいながら覚えていけるというのはとても大きなメリットだと言えると思うのです。

 

 

それから、介護の仕事はある程度年をとっても就くことができる仕事というのも大きなメリットだと思います。

 

私が働いている会社には70代で現役バリバリという方が何人もいますし最高齢はなんと80過ぎのおばちゃん(おばあちゃん)です。

 

特にグループホームや小規模多機能型の施設では基本的な家事が出来れば十分に務まりますし年が近いほうが入居者さんとも仲良くなりやすいのでむしろ年配の方のほうが向いていたりします。

 

もちろん体力が必要な仕事もありますがそこはチームでやる仕事ですので苦手な部分は補ってもらうことが出来ます。

 

 

そして、介護職は不況に強く国や自治体のサポートもあるので他の業種に比べて安定しているというメリットもあると思います。

 

特に田舎はどこの施設も満床で空き待ちのお年寄りがたくさんいる状態なのでよっぽど放漫経営をしない限りは潰れる心配の少ない業態だと思うのです。

 

まあその辺は働く施設選びも重要だったりするのですが、業種として不況に強いという部分は間違いないかと思います。

 

 

あとは、資格を取ったり、技術を覚えたり、経験年数を積むことによって万が一今働いている施設をやめることになったとしても次の働き口はいくらでもありますのでどう転んでも喰いっぱぐれることのないのが介護の仕事だと思います。

 

 

まあ、給料が少ないというのは確かにそうかもしれませんが資格を取ったり年数を重ねることで収入UPは可能ですのでそこをデメリットと考えるかどうかは自分次第ともいえると思います。

 

 

 

 

それでは、今回はこの辺で

よろしければ次回も読んでくださいね~(^^♪

 

にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村

 

 

 

私が利用した介護や福祉の仕事に関する求人情報サイトは

 

かいご畑 さんです。

 

  1. 好条件の求人を多数掲載
  2. 週3日~勤務OK
  3. 無資格・未経験OK
  4. 日勤帯のみ勤務OK
  5. 介護の資格講座の受講料が0円になる“キャリアアップ応援制度”あり

 

 

 

物盗られ妄想

 

こんにちは、40歳から未経験で介護職に転職したTUSKです。

 

 

はじめてこのブログを読まれる方はまずは私が40歳から未経験で介護職に転職しようと思ったきっかけや就活についてをこちらに綴っておりますのでよろしければ読んでみてください。

 

kaigo40dai.hatenablog.com

 

 

 

今回は、認知症の症状の一つである物盗られ妄想について私の体験談を書いてみたいと思います。

 

妄想って言葉はあまり使わない方が良いんですがその方がわかりやすいと思うのでこの記事内では「物盗られ妄想」とします。

 

物盗られ妄想とは、読んで字のごとく「自分の持ち物を盗られた」と妄想することで認知症の方特有の被害妄想の1部です。認知症の周辺症状としては代表的ともいわれています。

 

私もこの5年間の介護経験でほぼ毎日のように遭遇しています。

 

財布を盗まれた

衣服を盗まれた

部屋の中を荒らされた

 

などなど、まあ様々なパターンで訴えの強さもほんとに様々

 

「いや~私の財布がなくなったんだわ~誰かに持って行かれたみたいだわ」

 

と軽い感じの訴えもありますが

 

時には

 

「警察に電話してくれ!」

 

と顔を真っ赤にして怒り心頭で訴えてくる場合もあります。

 

いずれの場合も

 

少し時間が経つと忘れてしまう

↓↑

また思い出す

 

という繰り返しが何度かあったのちに完全になかったことになってしまうのですが、ご本人は本当に物を盗まれたと思っていて怒っていたり不安な気持ちになっていることは確かですので、こちらとしても適当な対応は出来ません。

 

「誰もあなたのものなんか盗んでいません」

 

などと突き放したような声掛けをすると余計に怒らせてしまったり不安にさせてしまったりします。

 

自分でティッシュを使ってしまったことを忘れ「ティッシュの中身を盗まれた」と訴えている方に、「誰も人のティッシュの中身なんて盗みません」とむきになって言い返しても無駄なのです。

 

 

私も先輩職員にアドバイスをしてもらったり自分で入居者さんと話をしながら相手に合わせて色々な声掛けをしてきました。

 

結果、「私も探してみますからなくなった物を紙に書いておいてください」という声掛けが結構効果的なことがわかりました。

 

もちろん、その入居者さんの性格によっても対応の仕方は変わるのでしょうけど、まずは否定するのではなく「気持ちはわかります」「一緒に探します」「私にお任せください」という感じの対応をすれば信頼を得ることが出来るのではと思っています。

 

あとは、紙に書いてもらうという例のように違うことに意識が向くように誘導していくことも有効だと思います。

 

認知症の方は、すぐに忘れてしまいます。

 

それは困ったところでもありますがある意味良いところでもあったりします。

 

しかし、「どうせすぐに忘れるだろう」という考えで適当な対応をするのではなくその都度真剣に話を聞き向き合うように努力はしています。

 

 

 

 

それでは、今回はこの辺で

よろしければ次回も読んでくださいね~(^^♪

 

にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村

 

 

 

私が利用した介護や福祉の仕事に関する求人情報サイトは

 

かいご畑 さんです。

 

  1. 好条件の求人を多数掲載
  2. 週3日~勤務OK
  3. 無資格・未経験OK
  4. 日勤帯のみ勤務OK
  5. 介護の資格講座の受講料が0円になる“キャリアアップ応援制度”あり

 

 

 

帰宅願望

 

こんにちは、40歳から未経験で介護職に転職したTUSKです。

 

 

はじめてこのブログを読まれる方はまずは私が40歳から未経験で介護職に転職しようと思ったきっかけや就活についてをこちらに綴っておりますのでよろしければ読んでみてください。

 

kaigo40dai.hatenablog.com

 

 

 

今回は、認知症の症状の一つである帰宅願望について私の体験談を書いてみたいと思います。

 

認知症の症状といっても色々ありますが私が介護施設で働き出してから今までの間で一番といってもいいほど多くのエピソードがありその都度対応に苦慮しているのが「帰宅願望」です。

 

施設で暮らす高齢者の多くは認知度は関係なく誰しも「家に帰りたい」という願望は持っているかと思います。

 

動物には帰巣本能というのがありますのでこれはある意味当然なのかもしれませんが認知症の方の場合はこれがかなり顕著に現れます。

 

1番多いのが夕方になると「そろそろ家に帰るわ」といっておもむろに帰り支度をはじめたり外に出ようとされるパターンです。

 

私も仕事をはじめたばかりの頃はかなり戸惑いまして、先輩職員に「一体どうすれば??」と目で合図を送り助けを求めていました。

 

その時の先輩職員の対応の多くは

 

今日はもう遅いから明日帰りましょう

今日はここに泊まっていくことになっています

晩ごはんを用意していますから食べてゆっくりしていってくださいね

 

などなど、とりあえず先送りしてその場は収めるという感じでした。

 

もちろん相手は認知症の方ですから数分後にはそのやりとりを忘れてしまいまた改めて「そろそろ帰ります」とはじまりますがその都度辛抱強く同じような声掛けを行って訴えが治まるのを待ちます。

 

 

それからは私もその先輩職員を見習い同じようにとりあえずその場を適当にごまかすような対応をしていました。

 

 

ある日違う先輩職員が「家に帰りたい」という入居者さんに対して「どうぞ帰ってください気を付けてくださいね」という声掛けをしたのです。

 

これには少し驚いたのですが、様子を見ているとその入居者さんは玄関先までいってもじもじして「今日はもう暗いから帰るのは明日にします」と自ら諦めたのです。

 

のちに認知症関連の講習で帰りたいという方に対してなんだかんだ理由を付けて制止するよりも「どうぞ帰ってください」と送り出したうえで見守り(付き添い)をするほうが良い場合もあるということを学びました。

 

実際の例として、外を少し歩いたら「帰り方がわからなくなっちゃった」といって帰るのをあきらめたり、道端に咲いている花を「きれいね~」とひとしきり眺めているうちに家に帰りたいということを忘れて「さあそろそろ帰りましょう」と自ら施設に戻ったりということもあるそうです。

 

その後は、私も「どうぞ帰ってください」という声掛けをして自ら諦めてくれた場合はそれで良し、外に出てしまった場合は付き添いをして満足していただくまで散歩をして帰ってくるという風に対応を変えていきました。

 

 

しかし、1つ気を付けなくてはいけないことは「家に帰りたい」という訴えには本当に家に帰りたいという場合もありますが実は「引き留めて欲しい」と思って言っている場合もあるということです。

 

ある日、いつものように夕方頃「そろそろ家に帰ります」という入居者さんに対して「どうぞ帰ってください気を付けてくださいね」と声掛けをすると突然怒り出して「そうか私はここには必要ないんだね、帰る!!」と施設を飛び出してしまった方がいました。

 

私は、あわててその方を追いかけついて歩いていましたがしばらく歩いても怒りは収まらないようで「ついてくるな!」と怒鳴ったり、大声で「助けてくださいー!」と叫びながらそこら辺の家や近所の交番に入っていこうとされたり、かなり苦労をしました。

 

最終的には、その方がもう疲れて歩けなくなったところで違う職員に車で迎えに来てもらい車に乗せて帰りましたが、あとでこっぴどく上に叱られました。

 

結局のところ相手は同じ人間でそれぞれの性格・個性がありますので一辺倒の対応ではなくその人の個性に合わせた対応をしていかなくてはいけないんだなあということを痛感しました。

 

いくら施設の生活に馴染んでいたとしても自分の家が心配だったり自分の家に帰りたいという願望は誰しもあるかと思いますし私もその気持ちに共感できる部分は当然ありますのでそういう気持ちに配慮したうえでの対応を今後も心掛けていきたいとは思っています。

 

まあ、現実的には慢性的な人手不足のせいで日々業務に追われながらの介護になってしまっている現状がありますのでなかなか難しかったりするんですけどね。

 

 

 

それでは、今回はこの辺で

よろしければ次回も読んでくださいね~(^^♪

 

にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村

 

 

 

私が利用した介護や福祉の仕事に関する求人情報サイトは

 

かいご畑 さんです。

 

  1. 好条件の求人を多数掲載
  2. 週3日~勤務OK
  3. 無資格・未経験OK
  4. 日勤帯のみ勤務OK
  5. 介護の資格講座の受講料が0円になる“キャリアアップ応援制度”あり

 

 

 

グループホームの仕事はきついか楽かどちらかというと...

 

こんにちは、40歳から未経験で介護職に転職したTUSKです。

 

 

はじめてこのブログを読まれる方はまずは私が40歳から未経験で介護職に転職しようと思ったきっかけや就活についてをこちらに綴っておりますのでよろしければ読んでみてください。

 

kaigo40dai.hatenablog.com

 

 

 

今回は、グループホームの仕事はきついか楽かということについて書いてみたいと思います。

 

まあ結論からいうと「きついときもあるし楽なときもある」ということなのですが、それじゃあ当たり前過ぎますしどんな仕事でも同じということになりますのでちょっと自分なりに掘り下げて解説してみます。

 

まずグループホーム介護は1ユニット9名の入居者さんの日常生活のお手伝いをさせて頂くという仕事なのですがこの9名の入居者さんは基本的には認知症を患っている高齢者ですので、例えば認知症状が進んで集団生活が難しくなってしまったり、病気になったり、亡くなったりなど様々な理由で入れ替わりがあります。

 

その中で、9名の入居者さんの介護度の高さの割合によって仕事の内容やきつさも当然変わってきます。

 

これは私の経験からの感覚ですが

 

例えば要介護度1~2の方であれば大体が元気で自分の事は自分でできるという場合が多くほとんどが見守り程度の介助になります。

 

対して、要介護度4~5の方の場合は大体が全介助、場合によっては2人介助となりますので言い方は悪いのですが職員の負担は多くなります。

 

ですので、その時の入居者さんの状況によってきついときもあれば楽なときもあるというのが私が今まで5年間グループホームで勤務してきた感想です。

 

といっても、元気な入居者さんばかりだからといって決して楽だとも言い切れない部分もあり...

 

元気とはいってもやはり高齢者ですので常に転倒のリスクはありますし、頑固な方もいますので入浴・洗濯・食事・水分・服薬などなどの様々な拒否もあったりして精神的な部分での負担はあります。

 

あとは、その時の人員の増減やもっと局地的なことを言うとその日のシフトのメンバーによっても当然仕事のきつさは変わります。

 

とまあ

 

なんだか結局はきついばかりになってしまいましたが、まあ楽しいと感じることも多々ありますのでそれで相殺ということで(^^♪

 

最初に書いた「きついときもあるし楽なときもある」というのは「きついことも多いけど楽しいこともある」という感じに訂正して今日は終わりたいと思います。

 

それでは、今回はこの辺で

よろしければ次回も読んでくださいね~(^^♪

 

にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村

 

 

 

私が利用した介護や福祉の仕事に関する求人情報サイトは

 

かいご畑 さんです。

 

  1. 好条件の求人を多数掲載
  2. 週3日~勤務OK
  3. 無資格・未経験OK
  4. 日勤帯のみ勤務OK
  5. 介護の資格講座の受講料が0円になる“キャリアアップ応援制度”あり

 

 

 

グループホーム介護員の夜勤の仕事内容はこんな感じです

 

こんにちは、40歳から未経験で介護職に転職したTUSKです。

 

 

はじめてこのブログを読まれる方はまずは私が40歳から未経験で介護職に転職しようと思ったきっかけや就活についてをこちらに綴っておりますのでよろしければ読んでみてください。

 

kaigo40dai.hatenablog.com

 

 

 

今回は、グループホーム介護員の夜勤の仕事内容について書いてみたいと思います。

 

まず私が働いている会社では夜勤者は1ユニットにつき1名ですので9人の入居者さんを1人で1晩お世話することになります。

 

前職は特養で介護をしていたという人がたまに新しく入ってくると結構この部分に驚く人が多いです。

 

1人夜勤なんて考えられない

仮眠が取れないなんて信じられない

 

といわれますが、私の場合未経験から5年ずっとグループホームでやってますのでこれが当たり前です。

 

まあ他の会社ではグループホームでも2人で夜勤というところもあるのかもしれませんがうちは1人です。

 

確かにはじめは寝ないで16時間ぶっ通し仕事をするのはきついと感じることもありましたが慣れれば平気になりますし前の日にたっぷり寝ておけば特に眠たくなることもありません。

 

 

夜勤の仕事の流れですが

 

まずは夕方16時半に出勤しまずは日勤さんから前日の夜間や当日の日中の入居者さんの状況、また業務上の伝達事項などの申し送りを受けます。

 

その後、翌日の入居者さんの薬の配薬をし、終わったら入居者さんを食卓に誘導し夕食を一緒に食べます。

 

夕食を食べ終えたら薬がある方には薬を飲んでいただき口腔ケアと就寝介助をします。

 

ご飯を食べたらすぐに寝たいという方もいればリビングでテレビでもみながらまったりしたいという方もいますので私も一緒に少しまったりします。

 

 

入居者の皆さんが寝静まったら、記録を書いたり、洗濯をしたり、トイレ掃除をしたり、手すり、ドアノブ、椅子など共有スペースの除菌をしたり掃除をしたり、その他もろもろの雑用をしたりと忙しく動き回ります。

 

そして時間毎にトイレに誘導しなければいけない人は声掛けをして付き添いをしたり、オムツや尿取りパットをしている人は交換をしたり、自分で寝がえりを出来ない人もいますので寝がえりさせてあげたりということをします。

 

あとは、夜になると家に帰りたいと不安定になりなかなか眠れない人と少し会話をして落ち着いてもらったり施設内を歩き回り転倒の危険がある人の見守りをしたりということもあったりします。

 

まあ、だいたいは皆さんぐっすり寝てくれるので結構空き時間も出来てその間におやつを食べたりコーヒーを飲んだりインスタを見たりして休憩もします。

 

 

あと、忘れてはいけないのが巡回です。

 

言い方は悪いですが上司の言葉を借りて言うと、入居者さんたちはいつ何があってもおかしくない年齢の方々ですので定期的に巡回をして生存確認をしなくてはいけないのです。

 

具体的には、寝息を立てていたりいびきをかいていたりする場合はドアを少し開けて聞き耳を立てる程度で良いのですが、そうでない場合は顔を近づけて息をしているかの確認をします。

 

私もはじめはそんなことまでするんだとか思いましたが実際に寝たまま息を引き取ったり痰が気道をふさぎ窒息という例もあるらしいのでそこは油断せずに何かあった場合は早期発見できるようにしています。

 

 

そんな感じで長い夜が終わり(仕事をしているとあっというまです)起床時間の少し前から、介助が必要な方から順に起床介助を行っていきます。

 

これがなかなか忙しいのです。

 

介助が必要な方に関わっている間にも元気な方は起きてきて歩き回ったりするので転倒しないようにちゃんと見守りもしなくてはいけませんし、ちょっと目を離すとパジャマの上に服を着てしまったり上着を足にはいてしまったり入れ歯を上下反対につけたり、トイレに異物を流してしまったりと困った方もいたりします。

 

ですので起床時間から早番の人が出勤してくるまではほとんどノンストップで1人で走り回っています(>_<)

 

 

そんな忙しい時間も早番の人が来ればほっと一息

 

後は、入居者さんと一緒に朝食を食べて、日勤の人に夜間の申し送りをして特にトラブル(主に朝食後の便失禁)が無ければ退勤となります。

 

 

と、こんな感じで勤務時間は長いのですが忙しいのであっという間に時間は過ぎてしまいます。

 

あと、皆さん元気であれば良いのですが、風邪をひいたり肺炎になったり持病が悪化したりという感じで具合の悪い人がいる場合はその方の個別のケアも必要になってきますのでほとんで休憩も取れずというときもあります。

 

また、例えば脳梗塞のような突発的な疾患で救急対応をしなくてはいけないという場面もごく稀にあったりしますのでそういうときもかなり神経をすり減らしどっと疲れてしまいます。

 

そういう時は、人の命を預かっているということを改めて実感して気が引き締まるときでもありますしやっぱり簡単な仕事ではないなあと痛感します。

 

 

まあ私としては同じことの繰り返しで何の刺激もない毎日を過ごすよりよっぽど良いと思いますし忙しい中でもやりがいを持ってやっていますのでやっぱり自分には介護職が合っているのかなと思っています。

 

 

それでは、今回はこの辺で

よろしければ次回も読んでくださいね~(^^♪

 

にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村

 

 

 

私が利用した介護や福祉の仕事に関する求人情報サイトは

 

かいご畑 さんです。

 

  1. 好条件の求人を多数掲載
  2. 週3日~勤務OK
  3. 無資格・未経験OK
  4. 日勤帯のみ勤務OK
  5. 介護の資格講座の受講料が0円になる“キャリアアップ応援制度”あり

 

 

 

介護職の職業病「腰痛」対策について

 

こんにちは、40歳から未経験で介護職に転職したTUSKです。

 

 

はじめてこのブログを読まれる方はまずは私が40歳から未経験で介護職に転職しようと思ったきっかけや就活についてをこちらに綴っておりますのでよろしければ読んでみてください。

 

kaigo40dai.hatenablog.com

 

 

 

今回は、介護職の職業病「腰痛」対策について私の体験を書いてみたいと思います。

 

介護の現場ではだいたいみんな「腰が痛い」と口癖のように話しています。

 

力仕事も多く中腰など無理な態勢で介助しなければいけない場面も多いのでやはり腰痛は介護職員にとっての職業病といえるかと思います。

 

私自身も介護職をはじめて半年ほどたったある夜勤の夜に腰をやってしまいました。

 

その数日前から少し腰に違和感は感じていたのですが痛いというほどでもなかったのでそのうち治るだろうと思っていたのですが、とある車椅子の入居者さんをベッドへ移乗しようと抱えた瞬間に、ピキーーーンと腰に激痛が走り入居者さんを抱えたままの状態で動けなくなってしまいました。

 

そのままの体制で数分息を整えたあとなんとか気合で入居者さんをベッドに横にして、そのまま床にうずくまること数分。。動けません。。

 

隣のユニットの夜勤者を大声で呼んで助けてもらおうかとも思いましたが、ふと思いつきポケットに入れてあったスマホを取り出しぎっくり腰の応急処置について調べました。

 

あるHPに「腰痛やぎっくり腰はお尻の筋肉の疲労によるこわばりが原因になっている場合があるのでお尻の筋肉をたたいてほぐしてやると少し楽になる」と書かれていたのをみてやってみると、這って移動できる程度には回復しました。

 

這って少し広い場所へ移動し、さらにYouTubeで調べたギックリ腰の予防ストレッチみたいなのを休み休み色々やってみると立って歩けるほどに回復しました。

 

ネットってすごい!!

 

結局その日は、施設に常備してある湿布を腰に貼り、度々ストレッチをやったり常にお尻の筋肉をたたいたりしながらなんとか乗り切ることが出来ました。

 

 

それからはこのときの私を救ってくれた腰痛対策ストレッチを家でも継続し痛みが出た時はシップを貼ったり、とにかく腰を労わる毎日を過ごしました。

 

 

そしてその日の夜のことをパートの重鎮のおばちゃんに話すと「これを使ったらだいぶ楽になるよ」とおすすめの腰痛ベルトを教えてくれました。

 

それがこちらの、しっかり腰部支援帯 という竹虎さんというメーカーの腰痛コルセットでした。

 

このコルセットというかサポーターをすると腰がしっかり支えられて本当に腰が楽になりましたので助かりましたので1年くらいは使い続けたかと思います。

 

それから5年がたち、今では腰の痛みやつらさを感じることは少なくなりたまに疲れを感じた時に湿布を貼るくらいでサポーターは使用していませんがこれはその時の経験により腰痛対策について色々学べたからだと思います。

 

 

というわけで、私なりの介護職の職業病「腰痛」対策のコツは

 

・お尻の筋肉をたたいてほぐす

・お風呂上りの腰痛対策ストレッチを継続する

・腰に負担がかかる仕事をするときは腰痛コルセットを使用する

(おすすめは竹虎さん)

 

以上です。

 

そして何よりも大事なのが力仕事をするときに自分なりの楽な態勢を見つけることと、入居者さんを抱えたりするときには力まかせでやると自分の腰にも入居者さんにも負担がかかりますので相手の動きに合わせた自然な力の入れ方なり体さばきみたいなものを経験により会得することだと思います。

 

これは女性職員の介助のやり方をよく見てなんとなく覚えていきました。

 

あとは相手にも協力動作をしてもらえるような声掛けも大切ですね。

 

 

腰痛やギックリ腰はほんとに痛くて切ないし、それで仕事が続けられなくなってしまっては大変ですので今後も気を付けて予防していきたいと思います。

 

 

それでは、今回はこの辺で

よろしければ次回も読んでくださいね~(^^♪

 

にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村

 

 

 

私が利用した介護や福祉の仕事に関する求人情報サイトは

 

かいご畑 さんです。

 

  1. 好条件の求人を多数掲載
  2. 週3日~勤務OK
  3. 無資格・未経験OK
  4. 日勤帯のみ勤務OK
  5. 介護の資格講座の受講料が0円になる“キャリアアップ応援制度”あり