介護 転職 40代未経験からの体験談ブログ

40代から未経験で介護職に転職した体験談を綴ります。40代50代から初めて介護の仕事に就いてみたいと思っている方の参考にしていただければ幸いです。

介護転職サイトおすすめ5選~初めての介護職から経験者まで理想の職場が探せます!

こんにちは、介護職歴5年40代のTUSKです。

 

前回の記事では、介護職の資格についてまとめましたが

 

せっかく資格を取ったのなら今の職場によっぽどの思い入れがない限りはより良い条件の職場に転職をするというのも年収をアップさせるための1つの手段だと思います。

 

しかし、転職をするといっても例えばハローワーク求人雑誌、フリーペーパーなどに載っている求人はいまいちだったり信用できなかったりします。

 

というのも、私自身、前職を辞めて介護職に転職しようと思ったとき、初めにハローワークに行きいくつか求人を紹介していただき面接に行ったのですがその時提示された内容(特に給与や手当の面)がハローワークの求人情報とは全然違っていたということがありました。

 

また、面接を受けた施設から採用の話をいただき介護職を勧めてくれた知人に報告すると、「あそこは知り合いが働いていたが昨年のボーナスが出なかったらしいからやめたほうがいい」と教えられてこちらから断ったこともありました。

 

求人情報には、前年は2回(計三か月分)ボーナスが支給されたと書いてありました。

 

 

そんなことがあり、ネットでいろいろ調べたところ転職エージェントというサービスを利用すれば、自分の希望する条件に合った求人を紹介していただけるということを知り、無資格・未経験でも採用してもらえる求人が多いという

 

介護専門求人サイトかいご畑

 

 

を利用してみました。

 

ここで、担当者さんといろいろやり取りをして自分の希望に合った「ちゃんとした」嘘のない求人を紹介していただき、その結果今の職場に転職することができそれから丸5年が経ちました。

 

また、かいご畑では派遣として経験を積みながら無料で、初任者研修、実務者研修、介護福祉士までの資格が取れるというキャリアアップ制度というものがありますのでこちらを利用してまずは資格取得を目指すというのもおすすめです。

 

無資格で介護職について数年たった時に「やっぱりはじめに資格を取っておけばよかった」と後悔することも考えられますし、通常資格の取得には結構なお金がかかりますので、これは利用しておいたほうが得だと思います。

 

かいご畑 キャリアアップ制度の詳細はこちら

 

 

もちろん、働いてからわかった現実も多々ありますので今の職場に100%満足しているわけではありませんがそれでも最初の入り口に転職エージェントを利用してよかったと思っています。

 

ちなみに、私の場合は未経験で無資格ということもあったので未経験・無資格の求人も多数扱っているかいご畑さんを利用しましたが、介護職経験者の方や資格を持っているという方が、収入をアップさせたり、今よりも働きやすい職場に転職したい、という場合は、他の転職エージェントにもいくつか登録してみることをおすすめします。

 

それぞれの転職エージェントによって得意分野や強みがありますので、複数の転職エージェントに登録して情報収集して求人を比較することでより自分の希望通りの職場を見つけられると思いますよ。

 

 

例えば、こちらの介護JJさん

 

 

は、医療介護業界で10年以上人材紹介を行ってきた実績があり、長年の利用者からの職場レポートを通じて施設の実態を把握し、残業や給与の実態、離職率、人間関係などを考慮した働きやすい職場を紹介していただけます。

 

また、施設の見学・面接のセッティングから、給与や休日の交渉まで万全の体制で転職をサポートしていただけます。

 

 

そしてこちらのケアジョブさんは

 

 

好条件の求人やケアジョブだけの非公開求人が多く、利用したい介護職転職支援サービスNo.1にも選ばれていますので信頼度が高い転職エージェントです。

 

また、首都圏だけではなく地方の求人数もかなり多いので地方の求人を探している方にもおすすめです。

 

 

そしてもう一つは、介護エイドさん

 

 

こちらは、「人間関係が比較的良好な働きやすい職場」を厳選して紹介しますという点に特化した就職・転職支援サービスです。

 

いじめ

パワハラ

陰口

 

希望すれば施設の見学や面接までコーディネーターが同行してくれるというサービスです。

 

地域は限られますが、東京都、千葉県、埼玉県、神奈川県にお住まいの介護職への就職やすでに介護職についていて転職をお考えの方は利用してみてはいかがでしょうか?

 

 

そして、ホワイトな企業の求人を厳選しているこちらのしろくま介護ナビさん

 

 

 

「残業を減らす」「有給消化を積極的に促す」など、労働環境の改善に積極的に取り組んでいる企業の求人だけを紹介することにこだわっていて、求人企業にコーディネーターが訪問し、「職場の雰囲気」「有給休暇のとりやすさ」「残業の有無」「施設長の人柄」などを確認しているそうです。

 

 

というように、転職エージェントにもそれぞれのサービスの特色や得意分野がありますから初めて介護職に就きたいという方から収入アップを目指すベテラン介護士さんにもぜひ複数の転職エージェントを活用して転職を成功させていただきたいと思います。

 

あ、一つ言い忘れてましたが(笑)

 

もちろんここで紹介したサービスは全て無料で利用できますのでご安心を(^^♪

 

 

それでは、よろしければまた読んでくださいね。

 

にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村 

アットホームな職場という言葉の罠

こんにちは、介護職歴5年で現在派遣介護員のTUSKです。

 

今回は、求人広告などで見かける「アットホームな職場です!」といううたい文句の罠について書いてみたいと思います。

 

一見、アットホームな職場という言葉を見ると、職員同士の人間関係が良好で楽しそうな職場だったり、和気あいあいとしていて働きやすそうといったプラスのイメージを思い浮かべる場合が多いかと思います。

 

確かに、上記のような文字通りアットホームな職場というのもあるでしょうし、だからこそ「うちはアットホームで働きやすいですよ~」とアピールしているのかもしれませんね。

 

しかし、中にはアットホームをの意味をはき違えている職場もありますので注意が必要です。

 

それは、仲間意識や私たちの施設といった意識が強い職場の場合、その仲間意識の中に溶け込めなかったり、アットホームの輪の中に入れなかった場合につまはじきにされて一気に働きづらい職場になってしまうという危険性があるからです。

 

そして、仲間のために、施設のためにという意識はサービス残業の温床になりやすいという特徴もあります。

 

ここまでやっておいたほうが○○さん(次の勤務の職員)が楽だからとか、仕事を残して帰ると迷惑がかかるからなどと頼まれてもいないのにそれがチームワークだと勘違いして勤務時間が過ぎてもだらだらと仕事を続けてしまうのがあたりまえとなっているのです。

 

こういった間違ったアットホームの輪の中に入ってしまうと初めのうちは良いかもしれませんがだんだんと不満や疲労感が積もっていき辞めてしまうということになりかねません。

 

これが、アットホームな職場という言葉の罠なのかなと思います。

 

アットホームという一見耳障りの良い言葉ですが、輪の中に入れなかった時には悲惨な思いをすることになりますし、逆にその輪の中にうまく入れたとしても今度はその輪の中から抜け出したくてもなかなか抜け出せないというリスクが潜んでいるかもしれません。

 

ですから、求人広告などで「アットホームな職場です!」といううたい文句を使っている会社には注意したほうがいいかもしれません。

 

 

 

介護職で理想の職場を見つけるコツは転職エージェントというサービスを利用する事です。

 

転職エージェントを利用すれば、無資格・未経験でも自分の希望する条件に合った安心して働ける職場を紹介していただけます。

 

 

私が実際に利用した上でお勧めするのは

 

介護専門求人サイトかいご畑

 

 

です。

 

かいご畑では派遣として経験を積みながら無料で、初任者研修、実務者研修、介護福祉士までの資格が取れるというキャリアアップ制度というものがありますのでこちらを利用してまずは資格取得を目指すというのもおすすめです。

 

無資格で介護職について数年たった時に「やっぱりはじめに資格を取っておけばよかった」と後悔することも考えられますし、通常資格の取得には結構なお金がかかりますので、これは利用しておいたほうが得だと思います。

 

かいご畑 キャリアアップ制度の詳細はこちら

 

 

 

そのほかのおすすめの転職エージェントもぜひチェックしてみてください。

 

kaigo40dai.hatenablog.com

 

 

 

それでは、今回はこの辺で

よろしければ次回も読んでくださいね~(^^♪

 

にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村

 

介護職の新人あるある~独り立ちの不安や悩み

こんにちは、介護職歴5年で現在派遣介護員のTUSKです。

 

今回は、介護職の新人あるあるとして独り立ちの際の不安や悩みについて書いてみたいと思います。

 

4月から介護職として働き始めた方は5月~6月からはいよいよ独り立ち、そして早い人はすでに夜勤にも入っているという人もいるかもしれませんね。

 

もちろん私自身も介護職を始めたばかりのころに独り立ちへの不安や緊張を嫌というほど味わってきました。

 

それまでは先輩職員について回りわからないことはその都度質問して教えていただいたり、間違いがあったときには正しいやり方を教えていただいたりだったのですが、いざ独り立ちとなると今後は自分一人で様々なことを判断したり目配り気配りをして仕事をしていかなくてはなりません。

 

といっても日勤帯の業務に関しては他の数名の先輩職員とのチームプレイになるかと思いますので今まで同様わからないことはどんどん質問して仕事を覚えていくという点ではあまり変わりはないと思います。

 

はじめは先輩職員の負担になってしまうのではと不安な気持ちにもなりますが、先輩職員のほうも自分も同じ道を通ってきていますし新人職員と一緒のシフトの時はある程度自分がフォローしていかなくてはいけないということは重々わかっておりますので、とにかく無理はせず自分の出来ることからやっていくという感じで取り組んでいけば良いのです。

 

たまに仕事のできない新人職員に対して冷たい態度や嫌な態度で接してくる性格の悪い先輩職員もいたりしますがはじめから完璧な仕事ができる人なんていませんし所詮職場だけでの人間関係ですのでそこは割り切ってあまり深く考えずに淡々とやっていけばいいと思います。

 

現在では仕事を教える側となった私が新人職員によく言っていることはとにかく利用者さんの様子をよく見て何か変化があれば必ず報告をしてくださいということです。

 

例えば、いつもはご飯を残さず食べる利用者さんが何か食べ残しをした場合、体調がよくないのか?認知症状が進んでいるのか?それともただの好き嫌いなのか?とかいろいろ考え、注意しなくてはいけない場合もあったりします。

 

または、歩いているときの足の運びが悪かったり、いつもよりふらつき気味だったり、体が傾いているなどのときは何かしらの不調のサインだったりするときもあります。

 

そんな感じで利用者さんの様子がいつもと違うときにはとりあえず先輩や上司に報告するという習慣を付けておいたほうがいいと思います。

 

というわけで、新人職員は覚えることも多く業務の流れや細々したことはまだ完璧にはできないというのが当たり前で独り立ちして本当に大丈夫だろうかと不安や悩みは尽きないかと思いますが、まずは利用者さんを見守り、寄り添うということが介護職にとって1番大切な仕事ですのでそこは手を抜かずに、わからないことは聞きまくる、何か変わったことがあったら必ずすぐに報告するということを徹底してやっていれば間違いはないかと思います。

 

 

今の職場はもう無理...という方へ

 

介護職で理想の職場を見つけるコツは転職エージェントというサービスを利用する事です。

 

転職エージェントを利用すれば、無資格・未経験でも自分の希望する条件に合った安心して働ける職場を紹介していただけます。

 

 

私が実際に利用した上でお勧めするのは

 

介護専門求人サイトかいご畑

 

 

です。

 

かいご畑では派遣として経験を積みながら無料で、初任者研修、実務者研修、介護福祉士までの資格が取れるというキャリアアップ制度というものがありますのでこちらを利用してまずは資格取得を目指すというのもおすすめです。

 

無資格で介護職について数年たった時に「やっぱりはじめに資格を取っておけばよかった」と後悔することも考えられますし、通常資格の取得には結構なお金がかかりますので、これは利用しておいたほうが得だと思います。

 

かいご畑 キャリアアップ制度の詳細はこちら

 

 

 

そのほかのおすすめの転職エージェントもぜひチェックしてみてください。

 

kaigo40dai.hatenablog.com

 

 

 

それでは、今回はこの辺で

よろしければ次回も読んでくださいね~(^^♪

 

にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村

 

介護職の新人あるある〜放置プレイが辛すぎる

こんにちは、介護職歴5年で現在派遣介護員のTUSKです。

 

今回は、介護職の新人あるあるとして放置プレイが辛すぎるということについて書いてみたいと思います。

 

施設に入職したての新人職員が、忙しく動き回る先輩職員についていけず何をしたら良いのかわからず又指示もないのでどうしたらいいのかわからずぼーっと立ち尽くす場面って必ずあると思います。

 

施設の中で新人職員の教育システムがちゃんと整えられていて教育担当の先輩職員がいる場合であれば戸惑うことなく仕事を覚えられますが、大体の施設は人手不足で新人の教育まで手が回らないというのが現状だったりします。

 

もちろん、いくら人手不足だからとか忙しいからといって新人職員に対して「先輩の仕事を見て覚えて」という状態ではいつまでたっても人材が育ちませんしそんな職場ではなかなか人材が定着しません。

 

「何かわからないことがあれば聞いて下さい」と言われたところで未経験であれば「わからないことがわからない...」という状況だと思います。

 

幸い私の前職場ではきちんと教育担当の上司が決まっており、放置プレイの辛さを味わうことなく順調に仕事に慣れていくことが出来ましたが、そうではない施設で辛い思いをしている新人さんも意外に多いようです。

 

そのような新人職員の教育体制が整っていない施設では最初にどのように立ち回って仕事を教えてもらえば良いでしょうか?

 

私であればそのような放置状態にされてしまったらまずは施設長や管理者などに相談し誰に付いて仕事を教えてもらえば良いのかをはっきり指示してもらい周りの職員にも周知してもらいます。そして徹底的にその先輩職員について歩きます。

 

または、指示を貰えるまではひたすら利用者さんと会話をしたりコミュニケーションを取ると言う事をすると思います。

 

利用者さんと円滑にコミュニケーションを取れるようになる事は介護の仕事でとても大切ですのでまずはそこに注力して、例えば利用者さんに何かお願いをされたら先輩職員に「〇〇さんにお願いされたのですがどうしたら良いですか?」と聞いて対応の仕方を教えてもらうという感じです。

 

そうする事で1つずつ出来る事が増えていきます。

 

指示を貰えるまで、教えて貰えるまで、ただ待つのではなくまずは自分の出来ることからはじめて行き少しずつでも出来る事を増やして行くという姿勢も大事です。

 

それでも、放置状態にされてしまったりきちんと仕事を教えてもらえないという状態が続くようならそのような施設で働き続ける意味はないと思いますので早めに見切りをつけたほうが良いかと思います。

 

 

新人職員が放置されることなく教育体制がきちんと整っている職場を見つけるコツは転職エージェントというサービスを利用する事です。

 

転職エージェントを利用すれば、無資格・未経験でも自分の希望する条件に合った安心して働ける職場を紹介していただけます。

 

 

私が実際に利用した上でお勧めするのは

 

介護専門求人サイトかいご畑

 

 

です。

 

かいご畑では派遣として経験を積みながら無料で、初任者研修、実務者研修、介護福祉士までの資格が取れるというキャリアアップ制度というものがありますのでこちらを利用してまずは資格取得を目指すというのもおすすめです。

 

無資格で介護職について数年たった時に「やっぱりはじめに資格を取っておけばよかった」と後悔することも考えられますし、通常資格の取得には結構なお金がかかりますので、これは利用しておいたほうが得だと思います。

 

かいご畑 キャリアアップ制度の詳細はこちら

 

 

 

そのほかのおすすめの転職エージェントもぜひチェックしてみてください。

 

kaigo40dai.hatenablog.com

 

 

 

それでは、今回はこの辺で

よろしければ次回も読んでくださいね~(^^♪

 

にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村

 

介護職の新人あるある~誰の言うことを聞いたらいいのかわからない

こんにちは、介護職歴5年で現在派遣介護員のTUSKです。

 

今回は、介護職の新人あるあるとして「誰の言うことを聞いたらいいのかわからない」ということについて書いてみたいと思います。

 

介護職経験者であろうと未経験者であろうと入職したての新人は基本的には教わる立場になるかと思いますが、その仕事を教わる段階で先輩職員や上司がそれぞれ違う指示をしてきて誰の言うことを聞いたらいいかわからなくなり困るといったことが起こりがちです。

 

例えば物の置き場所についてもある先輩職員に「これはここに置いておいてくださいね」と教えられその通りにしていると、違う先輩職員に「誰がこんなところに置いたの!?」と怒られ「いやいや○○さんにここに置いてって言われたし」と心の中では思いながらも「すみません」と謝りその場をやり過ごすというようなことがよく起こります。

 

こういった時は、その場で一番立場が上の人のいうことを聞くというのが基本だと思いますが、職場によってはパートのおばちゃんの中のボス的存在の人のほうが施設長よりも発言権があったりということもありますので物の置き場所程度のことであればその場その場でうまく立ち回る技を身に着けるというのが正解なのかなとも思います。

 

しかし、こと利用者さんへの対応についてはその場その場でというわけにはいかず自分のなかできちんと方針を決めておく必要があると考えます。

 

例えば、声掛けの仕方については介護員一人ひとりが別々のことを言っていると利用者さんは戸惑い不安になったりしますので統一する必要があります。

 

ですので介護の方法については、誰の言うことを聞いたらいいのかわからないとなった場合、まずは管理者や施設長などに相談したりミーティングで話し合ったりしていかなければいけないと思います。

 

そうでなければ、利用者さんの不安や不利益につながりますし、働く自分にとっても安心して介護をできないということになるからです。

 

なんにしても新人のうちはまずわからないことは聞くそして上司や施設長など上の人に確認する「○○さんにこう教わったんですけどこれでいいですか?」と相談したら「これでいいです」または「これは違うのでこうしてください」などと教えてもらえるかと思います。

 

しかしみんな言っていることがばらばらで誰の言うことを聞いたらいいのかわからないとなってしまう職場では安心して働くことができません。

 

基本的に指示が統一されていない職場で働くことは働く方にとってはリスクがありますのでよほど給与などの条件が良いという場合を除いては早めに転職を考えたほうが良いとは思います。

 

私が未経験から介護職をはじめる時にお世話になったのが転職エージェントというサービスです。

 

転職エージェントを利用すれば、無資格・未経験でも自分の希望する条件に合った安心して働ける職場を紹介していただけます。

 

 

私が実際に利用した上でお勧めするのは

 

介護専門求人サイトかいご畑

 

 

です。

 

かいご畑では派遣として経験を積みながら無料で、初任者研修、実務者研修、介護福祉士までの資格が取れるというキャリアアップ制度というものがありますのでこちらを利用してまずは資格取得を目指すというのもおすすめです。

 

無資格で介護職について数年たった時に「やっぱりはじめに資格を取っておけばよかった」と後悔することも考えられますし、通常資格の取得には結構なお金がかかりますので、これは利用しておいたほうが得だと思います。

 

かいご畑 キャリアアップ制度の詳細はこちら

 

 

 

そのほかのおすすめの転職エージェントもぜひチェックしてみてください。

 

kaigo40dai.hatenablog.com

 

 

 

それでは、今回はこの辺で

よろしければ次回も読んでくださいね~(^^♪

 

にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村

 

介護職は底辺だから恥ずかしいと言っている人は誰ですか

こんにちは、介護職歴5年で現在派遣介護員のTUSKです。

 

今回は、介護職は底辺だから恥ずかしいと言っている人は誰ですかということについて書いてみたいと思います。

 

介護の仕事をしていると「介護職は底辺」という言葉をたまに耳にしたり目にしたりします。また介護職のSNSなどでは介護職は恥ずかしい、恥だという人もたまに見かけます。

 

これらのことって実は異業種の人から言われたことというよりは実際に介護職に従事している人が自分で自分たちを貶めている言葉と私は感じています。

 

どうせ介護業界はこんなもの...

 

と自分の仕事に誇りを持てない介護職員ってすごく多いと思います。

 

時間にもお金にも心にも余裕がなく、自宅と職場以外には行くところもなく、狭い世界で生きているとこのような思考に陥ってしまうのはよくわかります。

 

しかし、介護職は困っていたり寂しい思いをしているお年寄りを癒したりお手伝いをしたりする、絶対的に世の中にとって必要な仕事です。

 

私的にはそれが「底辺」だという気持ちがよくわかりません。

 

給料が安いから?

他人の下の世話をする仕事だから?

勤めて居る施設がブラック施設だから?

 

でもそれらのことは自分の考え方や行動次第で変えることができることです。

 

とりあえず「下の世話」についてはおいておきます(笑)

 

これは慣れしかありませんし、どうしてもいやなら介護は辞めたほうがいいです。

 

しかし、給料についてや会社がブラックということについては改善してもらえるように会社に掛け合ったり、それでもだめなら希望通りの会社を探して転職すればいいのです。

 

理想の転職先の見つけ方はこちらに書いてあります

 

kaigo40dai.hatenablog.com

 

 

自分ではなんの努力も行動もせずに不満ばかりを言っている職員こそが「底辺」だと思います。

 

現実問題として介護業界にはいろいろな問題もあるかもしれません、しかしこれはどの業界にも多かれ少なかれあることでいつか誰かが何とかしてくれると思っていたり、どうせこの業界は...と諦めてしまっていては何もかわりませんし自分がどんどん消耗してしまうだけです。

 

自分で選んでやっている仕事なのだからやりがいや誇りをもって続けていけるように考え行動していければと私自身も思っています。

 

 

 

 

それでは、今回はこの辺で

よろしければ次回も読んでくださいね~(^^♪

 

にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村

 

介護職から転職するなら何業界がおすすめなのか?

こんにちは、介護職歴5年で現在派遣介護員のTUSKです。

 

今回は、介護職から転職するなら何業界がおすすめなのか?について書いてみたいと思います。

 

私的にもし介護職を辞めて他業種に転職するとしておすすめなのはITエンジニアという仕事です。

 

ITエンジニアというのは、すっごく簡単に説明すると様々なシステムの開発や運用管理をする仕事だったりウエブサイトやゲームなどのプログラミングやスマホ用アプリの開発なんかをする仕事になります。

 

例えば、コロナ渦によりものすごい勢いで普及したキャッシュレス決済の色々なシステムもシステムエンジニア(SE)が設計し、プログラマーがプログラムを作るという流れで作成されています。

 

エンジニア?

 

プログラマー

 

なんか難しそう...

 

と私も少し思いますが、IT業界は未経験から挑戦しても教育体制がしっかりしているので1度スキルを身に着けてしまえば一生食いっぱぐれがないという魅力があります。

 

しかも、収入面においても一般的に言われている介護職の平均年収300万に対してITエンジニアの平均年収は450万といわれており、介護職の平均年収にも達していない年収の私からしたら夢のような年収を得ることができますね。

 

オンライン化がどんどん進められている今のご時世の中で需要が伸び続けていて求人面でも売り手市場となっているので年齢、性別、学歴が関係なく就職・転職がしやすいというのも良いところだと思います。ようするに実力主義ということです。

 

もちろんスキルを身に着ければフリーランスとして自由な働き方をすることも可能だと思います。

 

そして、未経験でも実際に働いて給料をもらいながらスキルを身に着けていくことができる求人が多いというのも魅力の一つだと思います。

 

例えば以下のようなサービスがあります。

 

 

IT求人ナビ未経験

 

自分でお金を払ってスクールに通うよりも入社後にお給料をもらいながら研修を受ける方が金銭的な負担が無くて良いと思います。

 

介護職も仕事自体が無くなることは無いと思いますが将来的に伸びる業種かと言われれば難しい面があると思いますので、介護職に疲れたという方や違う業界にチャレンジしてみたいという方は1度無料オンラインカウンセリングを受けてみることをおすすめします。

 

 

 

それでは、今回はこの辺で

よろしければ次回も読んでくださいね~(^^♪

 

にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村

 

介護職 中高年男性スタッフの仕事内容とは

こんにちは、介護職歴5年で現在派遣介護員のTUSKです。

 

今回は、介護職における中高年男性スタッフの仕事内容について書いてみたいと思います。

 

年配の職員が多い介護施設では中高年といえども若手の部類に入り男性スタッフは「若いお兄ちゃん」という位置づけになる場合がほとんどです。

 

そして若いお兄ちゃんがあてにされる役回りはやはり力仕事が中心になってくるかと思います。

 

私の場合は特に介護職は未経験だったため、はじめは何もできず「あれをここに運んで~」みたいな仕事ばかり頼まれていたような気がします。

 

もちろん介護施設の仕事の中心は利用者さんの介助になりますのでその辺は先輩職員について教わりながらも基本的には私が利用者さんを抱えている間に先輩職員が介助するみたいな内容がほとんどでした。

 

他にも、夏に敷地内の雑草が伸びれば草むしりや草刈り、冬に雪が降れば除雪、年に2回のタイヤ交換、あとは畑作業や日曜大工的な事など女性職員があまりやりたがらないような雑用も結構あります。

 

あと、若手職員はレクや行事の際の段取りだったり進行役など人前で何かをするような仕事を任される場合も多いかと思いますし、花見などの外出レクの際の利用者さんの車の乗り降りの補助や車の運転などの仕事も任されることが多いかと思います。

 

こんな感じで、介護の仕事は適材適所の役割があり男性職員は比較的きつい仕事を担当することが多く体力勝負になりますのではじめは体力的にきついと感じることもあるかもしれません。

 

ですが、体を動かして働くのは気持ちが良いですし男性職員にしか持てないような重たい荷物を運んだあとに「ありがとう、やっぱり男だねえ」なんて褒められると気分が良いですし、健康にも良いような気がします。

 

実際に私は介護の仕事を始めて1年で10キロ、3年で30キロ痩せて健康診断でもここ数年は全て正常という結果が出ています。

 

まあ、体力を使う仕事内容が多い分、腰が痛くなったり、女性職員(特にパートのおばちゃん)の陰口の言い合いの板挟みになったり大変な面もありますが、介護職は中高年男性が新たに始める仕事としては結構おすすめ出来る職業だと思っています。

 

 

中高年男性の私が未経験から介護職をはじめる時にお世話になったのが転職エージェントというサービスです。

 

転職エージェントを利用すれば、無資格・未経験の中高年男性でも自分の希望する条件に合った求人を紹介していただけます。

 

 

私が実際に利用した上でお勧めするのは

 

介護専門求人サイトかいご畑

 

 

です。

 

かいご畑では派遣として経験を積みながら無料で、初任者研修、実務者研修、介護福祉士までの資格が取れるというキャリアアップ制度というものがありますのでこちらを利用してまずは資格取得を目指すというのもおすすめです。

 

無資格で介護職について数年たった時に「やっぱりはじめに資格を取っておけばよかった」と後悔することも考えられますし、通常資格の取得には結構なお金がかかりますので、これは利用しておいたほうが得だと思います。

 

かいご畑 キャリアアップ制度の詳細はこちら

 

 

 

そのほかのおすすめの転職エージェントもぜひチェックしてみてください。

 

kaigo40dai.hatenablog.com

 

 

 

それでは、今回はこの辺で

よろしければ次回も読んでくださいね~(^^♪

 

にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村

 

介護職のパートを未経験から始める場合は注意が必要です

こんにちは、介護職歴5年で現在派遣介護員のTUSKです。

 

今回は、介護職のパートを未経験から始める場合は注意が必要ですということについてです。

 

私自身、5年間の介護職経験の中でたくさんのパート(準職員)さんと一緒に仕事をしてきましたが未経験で入ってきたパートさんは苦労している方がとても多く、すぐに辞めてしまったという方も結構おりますので自分が見てきた中での未経験から介護職のパートを始める場合の注意点について書いてみたいと思います。

 

まず、未経験から介護職のパートを始めた場合、実質立場的には一番下っ端ということになりますので多少のことではへこたれないという覚悟が必要になります。

 

施設自体の人間関係などの環境が良く教育もしっかりしている場合は安心して働けると思いますが、忙しく雰囲気も良くない施設だった場合にはきちんと仕事を教えてもらえないどころかイジメやパワハラのターゲットになりやすいということは容易に想像できます。

 

これには、年齢や男女の別はなく、未経験で入って来た新人さんに対しては「なんでこんな簡単なこともできないんだ」と感じイライラしたような態度で接する先輩職員が多いからです。

 

これが正社員であればなんとなくパートさんたちは「正社員には逆らわない」という不文律を持っておりそこまでひどい扱いを受けることはありません。

 

しかし、パートさんの場合は遠慮なくガンガン色々言ってきますのでそれを適当にあしらうくらいの心の余裕があるとか、うまくおばちゃんたちに付け入るくらいの世渡り上手な方でなければなかなか長続きしないというのが現実だと思います。

 

これはもちろん地域性や施設によっても違いはあるかと思いますが、特に田舎は閉鎖的な部分がありますので仕事を覚えて打ち解けるまではパートさんは大変だというのが私の感想です。

 

経験者であれば「これくらいのことなら誰でも出来る」と思う事でも未経験の方にとっては何も教えてもらえずに「これやっといて!」と言われても戸惑うばかりという事が多々あるのです。

 

私は新しく入って来た人には正社員・パートに限らずどんどん自分からコミュニケーションをとってすぐに仲良くなる調子のいいタイプの人間ですのでこのような場合に新人パートさんに助けを求められたことが何度もあります。

 

と、こんな感じで介護職のパートを未経験から始めた場合には、きちんとした教育が受けられずなかなか仕事が覚えられない、人間関係や環境になじめず苦労するといったことが考えられますので、介護職のパート先を見つける時には、家から近いからなどの適当な理由で探すのではなく、きちんと職場の環境を精査したうえで働き始めるのが良いと思います。

 

介護職のパート求人を探すときは、未経験でも働きやすい職場や人間関係の良い職場、環境の整っているホワイトな職場を見つけるためには転職エージェントに無料登録して自分の希望を伝えたうえで求人を紹介してもらうという形が後で後悔することがなくて良いと思います。

 

 

私が実際に利用した上でお勧めするのは

 

介護専門求人サイトかいご畑

 

 

です。

 

かいご畑では派遣として経験を積みながら無料で、初任者研修、実務者研修、介護福祉士までの資格が取れるというキャリアアップ制度というものがありますのでこちらを利用してまずは資格取得を目指すというのもおすすめです。

 

無資格で介護職について数年たった時に「やっぱりはじめに資格を取っておけばよかった」と後悔することも考えられますし、通常資格の取得には結構なお金がかかりますので、これは利用しておいたほうが得だと思います。

 

かいご畑 キャリアアップ制度の詳細はこちら

 

 

 

そのほかのおすすめの転職エージェントもぜひチェックしてみてください。

 

kaigo40dai.hatenablog.com

 

 

 

それでは、今回はこの辺で

よろしければ次回も読んでくださいね~(^^♪

 

にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村

 

介護職は無資格・未経験でも正社員になれるのか?

こんにちは、介護職歴5年で現在派遣介護員のTUSKです。

 

今回は、介護職 無資格・未経験でも正社員になれるのか?ということについて書いてみたいと思います。

 

結論から言ってしまえば、介護業界は常に人手不足の売り手市場ですので無資格・未経験でも簡単に正社員になることが可能です。

 

求人を見ると<要資格>初任者研修以上だったり介護福祉士ということが書かれていたりしますが、実際に問い合わせをしてみると無資格・未経験でも大丈夫ですという施設がほとんどだと思います。

 

施設側にとっては、人を選んでられる場合ではないというのが現状だからです。

 

もちろん即戦力を求めている施設であれば資格や経験がある人のほうが良い場合もあるのかもしれませんが、資格を持っていても全然仕事が出来なかったり、下手に経験がある人だと頭が固くて使えないという場合もありますし、逆に無資格・未経験の方でも良く気が利いて仕事の覚えも早くて使えるということもあったりします。

 

結局は、会社側も採用してみなければわからないという部分が多いのでこちらが正社員を希望すれば大体断られることはないかと思います。

 

しかし、無資格・未経験の場合は初任給が資格や経験がある人よりも低く設定されたりといったデメリットもありますので注意が必要です。

 

また、無資格・未経験の人でも正社員として採用しなければいけない施設は人手不足で忙しい場合が多いのでちゃんと仕事を教えてもらえなかったり、何もわからないうちから色々な仕事を任されてテンパることもあるかもしれませんので、慣れるまでは大変な思いをしなければいけないという覚悟が必要です。

 

といっても、基本的に介護の仕事ってお年寄りの身の回りのお世話が中心で仕事としてそれほど難しいものでもないと思いますし、1人で頑張る仕事ではなくできない部分は先輩職員がカバーしてくれると思いますのでなんとかなります。

 

よく、最低でも初任者研修は取っておかないと周りに迷惑をかけたり先輩職員の不満の矛先になりいじめられたり苦労することになるといったデメリットばかり書いている媒体もありますが、それらは自分の媒体から資格取得の申し込みをしてもらいたいから不安を煽っているだけですので心配しなくても良いと思います。

 

とはいえ、初めて介護の世界に飛び込むという方はやはり不安も多いと思いますので、まずは介護転職のプロである転職エージェントに無料登録して色々不安な部分は相談して、無資格・未経験でも働ける職場探しをすることをお勧めします。

 

私が実際に利用した上でお勧めするのは

 

介護専門求人サイトかいご畑

 

 

です。

 

かいご畑では派遣として経験を積みながら無料で、初任者研修、実務者研修、介護福祉士までの資格が取れるというキャリアアップ制度というものがありますのでこちらを利用してまずは資格取得を目指すというのもおすすめです。

 

無資格で介護職について数年たった時に「やっぱりはじめに資格を取っておけばよかった」と後悔することも考えられますし、通常資格の取得には結構なお金がかかりますので、これは利用しておいたほうが得だと思います。

 

かいご畑 キャリアアップ制度の詳細はこちら

 

 

 

そのほかのおすすめの転職エージェントもぜひチェックしてみてください。

 

kaigo40dai.hatenablog.com

 

 

 

それでは、今回はこの辺で

よろしければ次回も読んでくださいね~(^^♪

 

にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村

 

判断基準が上司に怒られるかどうかになっている施設はヤバイです

こんにちは、介護職歴5年で現在派遣介護員のTUSKです。

 

今回は、判断基準が上司に怒られるかどうかになっている施設はヤバイですということについて書いてみたいと思います。

 

介護施設に入職して先輩職員から仕事を教わるときに「これをすると(しないと)○○さんに怒られるから気を付けて」みたいなことを言われることがあるかと思います。

 

または、利用者さんの対応について同僚職員と話し合っているときに「勝手なことをしたら○○さんに怒られるから○○さんの指示を待ちましょう」などという結論になってしまったり...

 

このような感じで、物事の判断基準が利用者さんの満足度ではなく社長や施設長やリーダー等に怒られるかどうかになっている施設は所謂「ブラック施設」だと思います。

 

もちろん、上司への報告・連絡・相談は大切なのですが、そういうことではなく職員が利用者さんではなく上司の顔色をうかがいながら仕事をするということは利用者さんの気持ちや要求は後回しにされてしまう可能性が高くそれが色々なトラブルや体調不良や事故の原因になってしまうこともあるからです。

 

利用者さんや職員の気持ちが後回しにされ「人間扱いされていない」施設が良い施設の訳がありません。

 

 

そういう施設で働いている職員はあまり良くない精神状態だと思いますし職場の環境としては最悪だと思います。

 

職員がやりがいをもって楽しく働けていない施設というのはトラブルや事故が起きやすかったりするので気を付けたほうが良いです。

 

またこういった施設はワンマン経営に近い体制であることが多く代表者の縁故であったり特定のお気に入り職員のみが優遇されていたりするので、所謂「安い賃金でこき使われている」状態である下っ端職員にとっては働くメリットがありませんので、利用者ファーストではなく上司ファーストになっている職場は本当に辞めたほうが良いと思います。

 

どうせ我慢して働き続けたところでいずれは限界がきて辞めることになりますので、「介護業界はそんなもの」「仕事に我慢はつきもの」などと諦めないで安心して働ける、楽しく働ける、長く働ける職場に出会うための努力は必要というのが私の考えです。

 

 

それでは、今回はこの辺で

よろしければ次回も読んでくださいね~(^^♪

 

にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村

 

 

 

介護の仕事をしている方で、今の収入や労働環境に不満を持っているという場合は、自分に合った事業所に出会えるまでどんどん転職をして収入的にも環境的にも改善していくことをおすすめします。

 

転職の際は、転職エージェントを活用することで自分の希望通りの事業所を見つけることが可能です。

 

 私がお勧めしている転職エージェントはこちらにまとめていますのでチェックしてみてください!

 

kaigo40dai.hatenablog.com